北海道産じゃがいもフライドポテト【セブンイレブン】

スポンサーリンク

セブンイレブンから販売されている袋のまま電子レンジで調理できる超お手軽な北海道産のじゃがいもを使用したフライドポテトです。

中身(解凍前)

3_フライドポテトセブン

袋のまま温めることができる商品なのですが、気になったので電子レンジで温める前で取り出してみました。

内容量は1袋100gということで一人分にはなると思いますが、ファーストフード店でLサイズのポテトを注文する人には物足りなさを感じるかもしれませんね。SサイズとMサイズの中間ぐらいの量になるかと思います。

解凍前は冷凍食品のポテトといった感じであまり美味しそうには見えないですね。温めた後の変貌に期待あれ!

具材

4_フライドポテトセブン

電子レンジで温めてみると、油がじわっとポテトに染み出して色は黄金色に輝きます。見た目はポテトが縞々で今は懐かしいギザギザポテトなので、どこか懐かしさを感じます。

一番嬉しいのは、これで103円というところです。103円ですよ!!!

ちょっと小腹がすいてポテトが食べたくなったとき、コンビニのホットスナックコーナーのポテトより断然安い冷凍食品のこのポテトであればたった103円で味わうことができますので、ポテトが食べたいけど、お金を節約したいという方にはおすすめです。

断面

5_フライドポテトセブン

気にある味ですが、どこか懐かしいジャガイモ本来の美味しさを感じることができるフライドポテトですね。

大塚のMicroMagicフライドポテトと比較してみると、ギザギザポテトで縞々がある点が似ていますが、色はこちらのセブンイレブン製品の方がうっすら焦げ目があっておいしそうに見えます。

食べるスタイルにも、箱のまま食べるか?袋のまま食べるか?の違いがありますので、好みの食べ方で選んでみるのもありかと思います。

味は大塚商品の方がカリカリ感があって、こちらはカリカリ感よりもしっとり感がありました。水気の強くしっとりしたじゃがいもを味わいたい人はこちらの方をおすすめします。両者のポテトともに塩味ではありませんので、塩が好きな人は調味料として別で使用してみると味のバリエーションも広がって良いと思います。


冷凍食品情報

 項目   内容 
 商品名   フライドポテト 
 メーカー   セブンイレブン 
 カロリー   179kcal(1袋100gあたり) 
 自然解凍   ×(電子レンジ専用) 

レビュー

 項目   内容 
 おいしさ   ★★★★☆ 
 見た目   ★★★★☆ 
 健康度   ★★☆☆☆ 

続きを読む

その他情報(パッケージ裏)

2_フライドポテトセブン

閉じる

スポンサーリンク